旅行者に聞いてみた!岡山県の観光スポットの口コミ

旅行者に聞く!岡山県の観光スポットの口コミまとめ

岡山県に観光に実際来た方に、岡山で良かったと思ったスポットなどの口コミページです!住んでいる人には灯台下暗しでわからない、岡山の意外な魅力のスポットの発見になるかも?旅行雑誌などには載ってない、マイナーな場所など、旅行者の皆様の意見、大歓迎です!

 

“旅行者に聞いてみた!岡山県の観光スポットの口コミ” への30件の返信

  1. 備中松山城、天空の城といわれ、1年のうち短い間しか天空の城としては見られないので、それ以外のときに訪れる方はそれほど多くないかもしれませんが、ぜひ天空の城以外の時もいらしてください。紅葉がそれはそれはきれいで、お城と紅葉のコントラストはインスタ映え間違いなし、インスタしていないという方ももちろん感動できます。城の城壁は大河ドラマ真田丸のオープニングにも使われたので、それも真田丸をご覧になっていた方は、あっここだとわかって楽しいと思います。歴史通の方はもちろん、そうでない方も充分楽しめます!お城に興味がない方も岡山にいらっしゃったらぜひ足を運んでみてください。

  2. 岡山県に旅行したのは今から12年前だと記憶していますが、当時はまだチボリ公園が残っておりアウトレットがまだできておりませんでした。アウトレットができておればまた旅先での動きが変わったのかもしれませんが、倉敷美観地区を中心に観光をしました。マイナーではないですが蒜山高原に行けなかったので行ってみたいなとは思っております。

  3. 先日友人3人で岡山の桃太郎温泉に行きました。岡山駅からバスで30分程で着きます。温泉と大衆演劇が楽しめるお気に入りの場所です。施設は決して新しくはありませんし、場所も周りには何もない田舎ですが、お湯の泉質が良くゆったり出来ます。宿泊すると演劇も付いており、昼の演劇を楽しんでからゆっくりと温泉に入り、夜は食事をしながら舞踊を楽しめます。温泉、演劇三昧でゆっくりするには、とても良い観光地と思います。

  4. 倉敷市の美観地区はとても有名ですが、意外と知られていないのが春ごろに開催される「倉敷春宵まつり」です。日中の雰囲気とは変わって夜間のライトアップがきれいです。美観地区の真ん中を流れる川沿いにロウソクが灯され、和傘や切子のステンドグラス風照明など、特にカップルにおすすめです。私も数年前に彼氏と行きました。夜はもちろん、夕暮れのライトアップが始まる前も趣がありまた良かったです。

  5. 道の駅笠岡ベイファームはオススメです。ひまわりやコスモスといった季節の花が一面に植えられ、とても魅力的です。広島県との県境にあり、周辺にはこれといって観光スポットもない為、笠岡ベイファームのみを目的とした人がほとんどだと思います。そんなに有名どころではないので、見ごろでも人であふれるようなこともなく、特に小さいお子さんや年配の方がご一緒のご家族などには特におすすめです。

  6. 岡山県新見市にある井倉洞は、全長1km以上の鍾乳洞です。
    入口の隣にある滝を眺めてから入ると、一気に気温が下がりヒンヤリ。暗い洞窟を、水滴がポトポト落ちる音だけが響きます。しばらく天井が低いところをずっと歩いたかと思えば、鍾乳洞の中に滝があったり、階段を上ったりと、探検家の気分になれます。照明は暗いですが、色とりどりのライトに照らされる洞窟はとても神秘的で美しいです。
    家族で行きましたが、小さい子やお年寄りには怖かったり足場が悪いと思われるかもしれません。
    岡山県の有名な鍾乳洞としては「満奇洞」もあげられますが、井倉洞のほうが観光にかかる時間は長く、またあまり人が多くなくて穴場感があります。

  7. 鼻ぐり塚、ウルトラマンAのロケ地で超獣カウラが出現した場所です。ある意味若い頃の蟹江敬三氏がカウラになる前の人間体をやったので有名です。
    超獣カウラはマイナーですが当時の少年サンデーの連載にも出てますし、最終回のラスボスの一部にもなってるんです。
    1970年代の特撮のロケ地は軒並み回ってるので何回か訪問しています。
    吉備津神社の近くなので出張した時にも寄ったことがあります。
    ウルトラマンAに興味ない人でも鼻ぐりの数は驚くようです。
    だいたいふーんからなんじゃこりゃで驚嘆する場合が多いですね。

  8. 岡山県玉野市にある瀬戸内温泉 たまの湯
    市内からは電車で30分から40分の移動になりますが、途中ジーンズの生産で有名な児島もあり途中下車しても楽しめると想います。たまの湯の魅力は海を見ながらの露天風呂が気持ちい良いのと、海水に近く塩分が多い泉質、湯温が熱すぎない事です。
    土日でも混雑が少なく穴場の温泉施設だと思います。

  9. JR津山線のレトロな駅舎を訪れる一人旅をした。特に印象的だったのが亀甲駅と美作滝尾駅。亀甲駅は名前の通り亀の甲羅をかたどった駅舎で亀にあやかり子宝に恵まれ長寿をも願う「亀甲岩伝説」があり、縁起物として知られている。一方の美作滝尾駅は映画「男はつらいよ」の最終作のオープニングで公開された場所である。駅長を勤めた桜井センリさんの姿を今でも思い出す。日本の風情を感じさせてくれる。

  10. 倉敷は以前から気になっていたので、家族で旅行に行きました。街並みがすばらしく良いです。この空間だけタイムスリップした感じがします。ちょっとした博物館が数多くあるので、見るだけでも大変です。お土産も倉敷らしく、手の込んだデザインのものがたくさんありました。布製のトートバックやハンカチはオススメです。何度も行きたくなるような街並みでした。

  11. 私がおすすめするスポットは、笠岡市にあるカブトガニ博物館です。天然記念物に指定されているカブトガニを見ることもできます。私は家族連れで行きましたがら同じように子連れの方も多かったです。様々な見学スペースもあり、景色も堪能できるので、コスパは安いと感じました。私はカブトガニ博物館の敷地内の公園でよく遊んでいたことがきっかけとなり、行くことになりました。公園や博物館には恐竜が何体もいるので、子供も楽しめると思います。

  12. 岡山県の鏡野町の奥津峡へ行きました。あいきくその日は雨でしたが、上からのぞく川とまわりの木々。季節によって色を変えてまるで写真から飛び出てきたようなすてきな景色を味わえます。帰りに、美作市にある足湯に行きます。こちらは数回訪れましたが、足の形をした足湯なんです。すぐ隣には銭湯もあるので、足湯だけでは物足りない人もすぐに入れますよ。

  13. 最上稲荷と門前町備中平野を見下ろす堂宇と、懐かしい趣の門前町。私が訪れた晩秋の夕方には人影は殆ど無かったが、毎年初詣には岡山県内随一の参拝客が願いを掛ける寺である。十年近く前、羽柴秀吉の水攻めで有名な備中高松城見物の折、ふと山の上に大きなお堂が見えた。どうやら最上稲荷というお寺さんらしい。城跡に向かう道中に大きな鳥居があり、日本三大稲荷と観光パンフには記される。気になった私はレンタサイクルを漕ぎ出し麓の門前町に辿り着いた。坂をアーケードに覆われた坂道の門前町は男はつらいよ等の昭和映画に見る懐かしさの溢れる町並みがそこにはあった。所々開店していた旅館や土産物屋さん等は明るいご年配の店主の方が声を掛けて下さり、旅情を感じた。20分程歩いた後、最上稲荷に辿り着く。正面には文化財指定の本堂や堂宇が並び、振り返れば広がる備中平野。一番賑わう正月の姿を思い、旅の無事をお願いして帰りました。

  14. 「おかでんミュージアム」をオススメします。特に電車好きのお子さんがいる方にはうってつけの観光スポットだと思います。
    館内は電車模型の展示、外では路面電車をみることができ、アニメ「チャギントン」のDVD上映コーナー、階上にはプラレール模型や遊べるおもちゃもあります。カフェもあり一息つくこともできるので、岡山で少し変わった観光スポットに行きたい時にはこのミュージアムがおすすめです。

  15. 岡山玉野市の王子が岳に行きました。渋川海岸より車で約5分で山頂に上がります。散歩道があり駐車場から歩いて山頂付近を散歩すると目の前を瀬戸内海と瀬戸大橋が見えて凄くいい景色です。天気が良ければ対岸の四国が見えて家族や友達、恋人とくると一日楽しめます。夏は夜花火大会があるときに見ますと上から花火が見えてまた違う楽しみがあります。

  16. 岡山と言えば、倉敷市の美観地区や水島コンビナートの夜景が有名ですが、今回はJR津山線沿線を旅してきました。津山では、名物の津山ホルモンと津山城址が目的でした。岡山から津山へ向かう途中に「亀甲駅」があり、駅舎の屋根が文字通りの亀の頭と甲良になっています。岡山駅から各駅停車でのどかな沿線を見ながらのゆったりとした旅でした。
    次回は、秋にこの沿線を旅してみたいと思います。

  17. 友人と倉敷市にある鷲羽山ハイランドへ行きました。B級遊園地という雰囲気ですが、瀬戸大橋が見える高台にあり、バンジージャンプが体験出来ます。友人みんなで順番に飛んだのがとても良い思い出です。フリーフォールも瀬戸大橋が綺麗に見えるのでおすすめです。ブラジリアンパークということで、サンバ隊がイベントをしているのがシュールで笑えます。

  18. 倉敷の美観地区にある『いがらしゆみこ美術館』に昨年の11月の終わりに行ってきました。名前の通りいがらしゆみこさんの原画の展示や漫画を置いていて、読み放題になっているのですが、おススメポイントはこのことではなく、『お姫様体験』です。1着、1000円で100着くらいあるドレスの中から好きなドレスをえらぶのですが、もう選ぶ作業だけでテンション上がり、楽しかったです。親切で感じの良いスタッフさんに着せてもらい、いがらしゆみこさんの世界観の壁画の前で、好きなだけ写真を撮って楽しむことが出来るんです。カツラやアクセサリー、小物、靴も無料で使えて、好きなだけ付け替えて遊ぶことが出来、憧れのお姫様体験が出来ました。普段出来ないことが出来て、本当に楽しかったです。

  19. 11月末に夫婦で児島に新幹線等の列車で行きました。児島駅から夕景バスが運行していて、鷲羽山展望台や三百山で瀬戸内海に沈むの夕日と瀬戸大橋を観ることができました。また、児島観光港から観光船に乗り、海上から瀬戸大橋とその島々が観れます。そして、ジーンズストリートでジーンズを買って、うどんを食べました。岡山城や後楽園も紅葉が見頃で、倉敷の美観地区も素晴らしかったですが、児島を加えたことは、大正解でした。

  20. 岡山県赤磐市にあるドイツの森がオススメです。友人と行きましたが家族、恋人などと一緒に行くにもピッタリだと思います。
    動物と触れ合えたりできるし、自然豊かで植物も綺麗なのですごく居心地がいいところです。ゆったり時間を過ごせます。ゴーカートなどもあるので、わいわいしながら楽しめる場所もあります。
    コスパもいいと思うので、くつろぎながらまったりと過ごせるスポットです。

  21. 岡山駅下車すぐにあるカプセルホテルハリウッドをご紹介いたします。
    このカプセルは岡山に来たら本当に使いやすくて便利です。特に深夜まで無駄なく行動したい方にはオススメです。食堂はかなり遅くまで開店していて、生ビール一杯サービスがあったり至れり尽くせり。そして肝心のカプセル内もやたら広くなく小ぢんまりした感じでひっそり一人旅するにはもってこいです。

  22. 岡山県倉敷市にある美観地区に友人と行きました。大原美術館や後楽園など有名で誰もが一度は耳にしたことのある建物です。日本らしい建物で和の庭園があり癒されました。瓦屋根や掘り割りの水面と柳並木、また白壁となまこ壁といった他では目にする事のないものが見えて新鮮な感じでした。足を運んで行ったかいがありました。本当に良かったです。

  23. 岡山県真庭市の蒜山高原を訪れました。
    蒜山高原は、中国山地の中でお隣の鳥取県と隣接している山間の高原地帯です。
    鳥取の日本百名山、大山から連なる蒜山三座として、上蒜山、中蒜山、下蒜山と標高1000mを超える山々があり、良く整備された登山道を一日かけて楽しむことができました。
    私は、妻と一緒に山歩きを楽しみましたが、山は初心者の妻でも息を切らせながらでも三座を縦走することができました。
    ちょうど紅葉の時期で、山頂から見下ろす赤や黄色の絨毯が鮮やかで、素晴らしい景色でした。
    特に危険な箇所もないので山歩きが好きな方にはお勧めです。

  24. 岡山には私は昨年末に旅行に行きました。行き先は津山でホルモンうどんを食べ、湯郷温泉に入りました。津山のホルモンうどんは、B級グルメの大会でも注目されるなどいま、巷で人気が沸きつつあります。ホルモンはプリップリであり、甘辛いタレとの相性が良いです。
    また湯郷温泉はかつて賑わっていたような温泉街であり温泉旅館が10館ほどの小さな温泉街です。足湯スポットやお茶屋さんもあるので、温泉に入る前に立ち寄るのもおススメです。
    賑やかにワイワイするというよりは、温泉に入り、美味しいご飯とお部屋でゆっくりしたいという方におススメです

  25. 岡山県勝田郡奈義町にある奈義町現代美術館に行きました。岡山出身の美容師さんが、アートの島で有名な直島よりオススメと教えてくれ、アート好きの友達と行きました。
    奈義町現代美術館は、作品と建築が一体化し、作品が入れ替わることなく半永久的に展示された美術館です。建物は世界的に有名な建築家磯崎新が設計し、作品も世界で活躍した日本人作家荒川修作や宮脇愛子が制作しています。オススメなのは荒川修作の作品で、部屋全体が一つのアート作品になっており、入った瞬間異次元の世界に来たような気持ちが味わえます。

  26. 主人と二人で岡山県高梁市内山下にある備中松山城の絶景を見に行きました。国の重要文化財にもなっており、なんといっても朝方に見える雲海に包まれた備中松山城が見たくて行ってみました。朝方なので、備中松山城展望台行くのは大変ですが、行ってみる価値はあります。目の前に見えたその景色は今でも頭から離れられません。

  27. 倉敷市の大原美術館に父に連れられて行ったことがあります。子どもの頃でしたが、衝撃的な連続だったので大人になってからも鮮明に覚えています。和風の建物が多い街並みの中で、おしゃれなゲートをくぐり抜けるとギリシャ神殿のような建物が現れました。真っ白な神殿のような建物の中に入ると、着物を着た外国人女性の絵がありました。自分よりも年上のような少女にも見えましたが、近所にもいそうな親近感を覚えました。絵を観るのが好きになった、きっかけです。大原美術館にはヨーロッパの絵画が所蔵されています。結果的に、ヨーロッパの絵画や現代美術に対して視野が広まりました。大人になってから美術展やアートに接するときにも、原体験として役立っています。

  28. 岡山県津山市には今や日本を越えて世界を代表するB’zのボーカルの稲葉浩志さんのご実家があります。ファンの人はきっと承知でしょうが、ご実家は化粧品屋さんを営業されており、一般人も当然利用する事ができます。店内には化粧品が置かれているのと同時にB’zにまつわる品々が展示されていますので、貴重な物を見ることができます。ファンの方はB’zにまつわる化粧品(稲葉さんの使われている同型の香水等)など購入していかれています。

  29. 秋の紅葉シーズンに美作市の湯郷温泉に行きました。ホテルで企画していた松茸ご飯食べ放題バスツアーに参加。松茸は少し小さかったですけど、お友達と温泉でゆっくり過ごしました。あまり観光はしませんでしたが、帰りはおとなり兵庫県のヨーデルの森に寄ってたくさんの動物たちと触れ合うことができました。お土産のクリームチーズがおいしかったです。

  30. 岡山県の北部にある布滝(のんだき)に行きました。滝好きの友達と一緒に車で行きましたが、とても美しい滝でした。岩の上に布がかぶさったような幅の広い滝で、水量もありダイナミックで山奥にあるためマイナスイオンを浴びることができます。駐車場から滝までも近いところも高ポイントです。布滝の近くには別の滝もあるので、滝好きにはたまらない滝だと言えるでしょう。ぜひ一度訪れてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。