萩市

松下村塾
伊藤博文旧宅
山縣有朋誕生地
松下村塾
伊藤博文旧宅
見島が待っている
PlayPlay
山縣有朋誕生地
previous arrow
next arrow
松下村塾
伊藤博文旧宅
見島が待っている
山縣有朋誕生地
previous arrow
next arrow

萩市の地域情報

萩博物館 山口県萩市おでかけスポット

萩開府400年の記念として開館した博物館です。萩博物館は、萩のまち全体を博物館としてとらえ、萩の歴史や文化を保存・活用しようという、まちづくり活動の一環として機能しています。 博物館の敷地が、旧萩城三の丸にあたる堀内伝統 […]
山縣有朋誕生地

山縣有朋誕生地 山口県萩市のおでかけスポット

天保9年1838年に萩藩中間・山県有稔の次男として川島に生まれました。 誕生地には、現在「元帥公爵山縣有朋誕生地」と刻まれた石碑が建てられています。 営業時間や定休日、料金などの詳しい情報は、最新の情報ではない可能性もあ […]
久坂玄瑞誕生地

久坂玄瑞誕生地 山口県萩市のおでかけスポット

天保11年(1840)に萩市に生まれた久坂玄瑞を偲ぶ石碑です。 久坂玄瑞誕生地と記した石碑と、三条実美による玄瑞追悼の和歌と玄瑞遺詠を刻んだ3つの石碑が建てられています。 営業時間や定休日、料金などの詳しい情報は、最新の […]
伊藤博文旧宅

伊藤博文旧宅 山口県萩市のおでかけスポット

伊藤博文が14歳からの青年期を過ごした家です。木造茅葺き平屋建ての約29坪の小さな家です。17歳で松下村塾へはここから通いました。 博文が明治元年(1868)に兵庫県知事に赴任するまでの本拠となった家です。旧宅そばには、 […]
高杉晋作誕生地

高杉晋作誕生地 山口県萩市のおでかけスポット

奇兵隊を組織し、明治維新の中心人物となった高杉晋作の生まれ育った家です。 建物は江戸期より縮小されているが当時の面影をよく残しており、屋敷には晋作の写真、書などが展示されています。庭園には歌碑や、晋作が産湯に使ったといわ […]
松下村塾

松下村塾 山口県萩市おでかけスポット

松陰の叔父、玉木文之進が作った私塾。8畳一室、4畳半一室、3畳二室、土間一坪、中二階付きの木造瓦葺き平屋です。松陰神社の敷地内にあります。 1857年に松陰が主宰となり、身分や階級にとらわれずに門下生を受け入れ教育しまし […]

道の駅ゆとりパークたまがわ 山口県萩市おでかけスポット

日本海の海の幸と、多くの果物や野菜を豊富に販売している道の駅です。 中でも道の駅農産加工場製造のオリジナル商品であるフルーツジュースが人気です。 徒歩10分の位置には田万川温泉もあり、こちらにはキャンプ場も隣接していて多 […]

道の駅うり坊の郷katamata 山口県萩市おでかけスポット

周辺が山々に囲まれ自然豊かな土地にある道の駅です。 地元の名産である千石台だいこんや完熟トマトの他に、珍しい猪の肉も販売されています。 猪肉はそばやうどんと共に食堂でも味わうことができ、他にもその場で楽しめるグルメがあり […]

道の駅ハピネスふくえ 山口県萩市おでかけスポット

お安く地元の野菜を販売している直売所が人気の道の駅です。 お食事どころでは長萩和牛のメニューを楽しむ事ができます。 シクラメンの花の販売や、ハーブ園も人気です。 営業時間や定休日、料金などの詳しい情報は、最新の情報ではな […]

道の駅萩しーまーと 山口県萩市おでかけスポット

漁港直結の魚市場が盛んな道の駅です。 生産者の直売なので新鮮な旬の商品がお安くお買い求めできます。 魚の捌き方の教室や、魚まつり、あじ祭りふぐ祭りなど、魚に関するイベントが一年を通して開催されています。 営業時間や定休日 […]

道の駅萩往還 山口県萩市おでかけスポット

江戸時代の歴史を感じる外観の建物の中に、物産館や直売所、お食事処が充実した道の駅です。 物産館では萩の加工品の販売、直売所では旬の野菜や果物を買う事ができます。 お食事処では萩の見島牛や見蘭牛、瓦そばも味わうことができ人 […]

道の駅あさひ 山口県萩市おでかけスポット

萩の特産品を数多く取り揃えた道の駅です。 竹炭や草木染などの工芸品の他、柚子味噌やお餅、漬物などの加工食材も立ち並びます。 中でも佐々並豆腐は伊藤博文も食べたとされています。 地元のお米や野菜、しょうゆを使ったメニューが […]
松陰神社 山口県萩市

松陰神社 山口県萩市の神社

松陰神社は、吉田松陰先生を祭神としているの神社です。 明治40年(1907)創建。宝物殿や、吉田松陰のろう人形での展示などがある。 営業時間や定休日、料金などの詳しい情報は、最新の情報ではない可能性もあります。必ず事前に […]
木戸孝允旧宅

木戸孝允旧宅 山口県萩市

明治維新の指導者として活動した、桂小五郎の名でも知られ、“維新の三傑”と詠われた木戸孝允の旧宅。 生まれてから江戸に出るまでの約20年間を過ごした木造瓦葺の2階建ての家は、誕生の間や幼少時代の手習いの書を表装した掛け軸、 […]

萩市の魅力を発信してくれるアンバサダーの方を募集しています。一緒に瀬戸内地域を盛り上げていきましょう。

TOP