赤ちゃんにあげると実は危険なハチミツ。注意すべき時期は…

赤ちゃんにあげると実は危険なハチミツ。注意すべき時期は…

一歳児未満への蜂蜜を与える危険とは

子育てに毎日忙しいお母さん、お父さん、苦労も多いと思いますが、乳児期の赤ちゃん可愛くてしかたないのではないでしょうか。

そんな一歳未満の乳児期の赤ちゃんに関する知っておきたい食べ物に関して知恵のお話です。

自然のもので、体に良さそうなイメージがあるハチミツ。昔では離乳食として与えることもあったそうです。ですが、このハチミツによって一歳未満の乳児は乳児ボツリヌス症かかる危険性がわかっています。

ハチミツにはボツリヌス菌という菌が含まれており、赤ちゃんの未熟な腸内環境では、乳児ボツリヌス症を発症する可能性があるということです。

また、このボツリヌス菌は熱に非常に強い為、ご家庭で加熱しても殺菌することはできません。ハチミツそのものでなく、一歳未満のお子さんへのハチミツを含む食品与えない方が良いようです。

ボツリヌス症の症状

乳児ボツリヌス症を発症した場合、どのような症状が起こるのでしょうか。厚生消費者庁のページでは以下のように記載されています。

症状は、便秘が数日間続き、全身の筋力低下、脱力状態、哺乳力の低下、泣き声が小さくなる、特に、顔面は無表情となり、頸部筋肉の弛緩により頭部を支えられなくなるといった症状を引き起こすことがあります。ほとんどの場合、適切な治療により治癒しますが、まれに亡くなることもあります。

引用:消費者庁

最悪の場合、死に至る恐ろしい症状となっています。

気をつけるべき時期

ハチミツについての知識は、テレビなどでも目にすることが増えて、お父さん、お母さん、同居の家族は気をつけていても思わぬところで摂取する可能性が高まる時期があります。

厚生労働省も注意を促していますが、お正月やお盆などで帰省をする際、祖父や祖母がこの情報を知らず、思わず食べさせてしまうという可能性が高いそうです。

あとで取り返しのつかないことにならないよう、食べさせてはいけない食べ物などしっかりと伝えておきましょう。