池上彰のニュース ウソだったのか!トランプ大統領ディスりがひどいと話題に

話題のニュース

なぜかマスメディアに知識人として持ち上げられ続けている、池上彰氏がテレビ番組で話していた内容があまりにひどいとネットで話題となっています。

その内容とは、前大統領のトランプ氏は中国による香港の民主化運動の弾圧や、ウイグル民族に対しての弾圧の件について何も言わなかった、現アメリカ大統領のバイデン氏や民主党はこの問題について言及している、人権を守ろうとするだろうという発言です。

おそらくネットなどで情報を収集されている方は、明らかに話がおかしな点に気づくはずです。

はい、トランプ前大統領はこのいずれの問題について声を上げ続け、中国への厳しい規制を行った原因にもなっています。トランプ大統領時代に、議会に中国の強制収容所を抜け出したウイグルの方を呼び、その惨状を伝えたこともあります。

そんな多くの人が知っている事実を池上彰氏は知らなかったのでしょうか。知らなかったとしたら知識人としてテレビに出ている以上、恥ずかしいではすみませんね。

故意に嘘を流しているのでしたら、一体何が目的なのでしょうか。トランプ大統領を差別的だと繰り返し、民主党やバイデンは人権問題に関心が強いというレッテル貼りを一生懸命続けているアメリカのマスメディアと論調が似ていますね。この日本でなぜそのような印象操作が必要なのでしょうか。

こちらがネットに上がっている実際に放映された内容です。

聞いている出演者の方の中には、ご存じなのかちょっと微妙なリアクションの人もいるように見えましたが、池上彰氏のあまりに堂々と嘘を言っているのがひどく滑稽に見えます。

※著作権の関係などもあるので、削除されるかもしれません。削除されて見れない場合は、Twitterなど検索してみてください。

こちらに対し、著名人や国会議員なども問題視しています。

情報番組のような体裁で嘘を平気で流す、これは放送法違反に当たるのではないかという意見もあります。

影響力を徐々に失いつつある、マスメディアではありますがネットをあまりみない高齢者やそもそも政治に興味が薄い層の方にはこの嘘が真実として伝わっていきます。

話題のニュース

池上彰のニュース ウソだったのか!トランプ大統領ディスりがひどいと話題に

なぜかマスメディアに知識人として持ち上げられ続けている、池上 …

ニュース

入浴施設にカツラと化粧で女装して女湯へ 福山市の高校男性教師を逮捕

1月24日未明、福山市の入浴施設で女装をして女湯に侵入したと …

コメントなし
ニュース

アメリカ大統領選 州が州を訴えるという異常事態!

先日アメリカ大統領選についての記事を書いたところかなり反応が …

コメントなし
ニュース

アメリカ大統領選 ジョージア州での監視カメラ映像が流出し全米に衝撃走る

先月行われたアメリカ大統領選挙。 現職の共和党トランプ大統領 …

コメントなし
ニュース

【鬼畜】岡山の不動産会社で社員へ暴行を繰り返し業務を強制。月給はなんと2万円。

https://twitter.com/livedoorne …

コメントなし
ニュース

NHKを名乗る男から「1人暮らしか。」等と電話での聞き出しが複数件発生しています

山口県警によると、11月16日、17日、県内でNHKを名乗る …

コメントなし
ニュース

香川県迷惑行為等防止条例の一部改正について

悪質な盗撮事犯や嫌がらせ行為等を規制している香川県迷惑行為等 …

コメントなし
精神疾患

倉敷市でキャッシュレスキャンペーン!コロナで弱った倉敷のお店を助けよう!

https://twitter.com/Kurashiki_ …

コメントなし
あかちゃん

福山市が新生児にも対象に10万円の支給を決定!

https://twitter.com/city_fukuy …

コメントなし
ニュース

NTTファイナンス株式会社を装った特殊詐欺に注意!

<NTTファイナンス株式会社を装った特殊詐欺に注意!> 県内 …

コメントなし


2018年の出来事 向島での平尾受刑者の逃亡劇を影で支えた存在

向島

尾道市向島での23日にわたる逃亡劇

2018年の出来事で、瀬戸内地区で最も全国の注目を集めた事件といえば、平尾受刑者が今治で逃走し、尾道市の向島で繰り広げた逃走劇だろう。

23日間に渡る逃亡劇の末、逮捕された平尾受刑者は、向島ではなく、広島市内で逮捕される形となった。総勢1万人の愛媛県警、広島県警の捜査員はまんまと欺かれ、島からの脱出を許してしまい、警察は赤っ恥をかかされた。

これだけの捜査員を動員しても気づかなかった平尾受刑者の見つけたのは一人の漫画喫茶の店員だった。このような顛末に、当時は警察を批判する声も多かったが、何故このような事態になったのか。

実は、平尾受刑者を影で支え続けていた存在があったのだ。それは、常に警察の動きを教え、逃走経路、逃走時間まで綿密に情報を平尾受刑者に伝え続けていた。

その平尾受刑者を支えていた存在とは、マスコミである。

平尾容疑者はなぜ島から逃げることができたか?

平尾受刑者自身が逃走中に警察の動きを確認するのに、潜伏先の別荘でテレビを見ていたと証言したそうだ。

私自身、このニュースを見ていて非常に不思議だったのが、何故土地勘のない平尾受刑者が向島から本州まで泳いで渡るという計画を実行できたのか。しかも、普段は流れが速い潮流の為、おそらく「潮どまり」という時間帯を狙って海を渡ったと考えられる。

答えはおそらく、平尾受刑者がテレビでその脱出方法を目にしたからだろう。

マスコミは狭い島内なので、すぐに捕まるだろうという予想だったが、あまりに長期戦になってきたので、次第に平尾受刑者が「この島からどうやって脱出したか?もしくはするか?」をしきりに検証し始めた。

その結果、島から本州への距離が200メートルしかないこと、そして潮の流れが止まる日時を詳細に調べ、それを報じたのだ。

それを見た平尾受刑者が、それをその通りに実行したのではないだろうか。

もしそうだとしたら、逃げ方を教えたマスコミはどんな罰があるのだろう。もし個人が行っていたことであれば、犯人蔵匿の罪で逮捕になるはずだ。だが、現時点でマスコミ自身がこのことを検証するようなこともなければ、批判の目にさられることはない。

その代わり、無能という烙印を押された警察。人件費も含め、多額に投入された税金。

マスコミ報道の難しさ

もし、私が逃亡者ならと思うと、一番怖いのは情報がないことではないだろうか。どれくらいの警察官が島にいて、どういった動きをしているのか、この島の地理はどうなっていて、島から逃げる為にはどうすべきか。これがわからないとどのように行動すべきかが見えない。だが、平尾受刑者はすべてを把握できた。

マスコミを批判するマスコミはいない。だから、変わることはない。
これから先も同様の事件が起きれば、警察の動きを伝え、逃げた場所の地理などの情報を伝え、逃走方法も専門家を交えてじっくり考えて、伝える。

報道の難しさを考えさせられる事件だったと私は思う。

今回の記事は現時点での情報を基に作成したものだ。平尾受刑者が出所すれば、さまざまな出版社が事件の内容を本に書くように動くだろう。その際に詳細はもっと明るみになるのだと思う。