備後地方のコワーキングスペース(福山市・尾道市)

HAKKOパーク

備後地方のコワーキングスペース(福山市・尾道市)

こんばんは!瀬戸内をIT特区にするという野望を持って活動しているセトチャン編集部です。

さて、近年スタートアップ起業やSOHOに人気のコワーキングスペース。新しい働き方にヒントを与える、今時な施設についてレポートします!広島市や岡山市などの都市部には多くの施設がありますが、残念ながらそれ以外の市には現在はあまり多くはありません。本日はもっといろんな地区で盛り上がればと思い、備後地方のコーワキングスペース(尾道市、福山市)についてレポートします。

福山市のコワーキングスペース「halappa(ハラッパ)」

福山市にあるコワーキングスペース、ハラッパは福山駅から徒歩五分ほどで着く好立地にあります。
立地は非常に良いのですが、コワーキングスペース施設はコンパクトです。ハラッパは以前はもっと広かったのですが、改装後、コワーキングスペース自体がかなり狭まり、ほとんどがカフェスペースとなりました。はじめて利用される人はカフェ?と思われるかもしれません。

受付は映画館の受付と共用になっています。(こちらもはじめて行く人はわかりにくいと思います。)
ドロップインは二時間、一日利用が選べます。また月会員になると近隣の駐車場が無料で使えるようになる嬉しい特典付きです。

利用者は20席ほどあるフリー席を自由に利用できます。私が平日に行った時は若干の余裕がありました。

設備ですが、wifiはもちろん無料で使えます。水は無料で飲むことができ、一日100円でネスカフェアンバサダーのコーヒーが飲み放題です。コピー機なども有料ですが用意されています。

室内の様子ですが、皆さんスカイプや電話で話していたり、静かに集中して作業される方とそれぞれ過ごしています。お昼は中でお弁当を食べても大丈夫です。

福山のコワーキングスペースハラッパのまとめ

オススメポイント

・福山駅から近い好立地
・月会員の料金で駐車場がついてくる

いまいちポイント

・スペースが狭い
・カフェとの仕切りがガラス張りなので、席によってはパソコンの中身が外部から見える

気になる方は是非一日ドロップイン利用して雰囲気を体験してみてください。

尾道市のコワーキングスペース「ONOMICHI SHARE(オノミチシェア)」

尾道の土堂にあるコワーキングスペース、オノミチシェアです。海沿いに位置し尾道らしい風情のある景観が楽しめるコワーキングスペースです。

こちらはワンフロアが丸々コワーキングスペースとなっており、広いスペースを利用できます。

ドロップインという一時利用は2時間以内(500円)、2時間以上(1000円)で利用料金が分かれます。月会員プランも8000円~15000円で利用ができます。

施設は、コーヒー1杯100円。コピー機などの有料サービスが利用できます。

また、広島県の創業支援施設などとも連携し、セミナーなども不定期に開催されます。

実際にドロップインしてみましたが、大きく開放的なガラスから瀬戸内海と向島が見え、オシャレなソファやインテリアが用意されたオシャレな空間で作業をすることができる尾道らしいコワーキングスペースだと感じました。

しかし、その反面、開放的な窓からの採光が多い為、まぶしい。。パソコンの光とまぶしい日の光が乱反射してちょっと作業がしずらい。。というか無理でした。私だけかもしれませんが、パソコンにシートなど張ればいいかもしれません。

尾道市のコワーキングスペース「ONOMICHI SHARE(オノミチシェア)」のまとめ

オススメポイント

・おしゃれの空間、瀬戸内海を望みながら作業ができます。
・セミナー、イベントなどが不定期に開催されています。

いまいちポイント

・まぶしい(個人差があるかもしれません)
・尾道駅から遠く、駐車場などもない(車の場合は、近隣の市営駐車場を利用)

こちらも気になる方は是非一度ドロップインとして1日利用してみてください。

最後に

いかがでしたでしょうか?備後地方でこれから事業を始めてみようと思っている方の事務所として、副業や自分の勉強のスペースとしてなど、利用の仕方はいろいろあるコワーキングスペースについてご紹介させていただきました。活動している人を見るだけでも刺激になると思いますので、是非一度足を運んでみてください!

瀬戸内のコワーキングスペース

HAKKOパーク

備後地方のコワーキングスペース(福山市・尾道市)

こんばんは!瀬戸内をIT特区にするという野望を持って活動して …